フケ・かゆみ

フケ・かゆみは頭皮の健康状態をはかるバロメーター。ここでは、なぜ生じるのかとその対処法を解説します。

<フケの原因>

フケとは、頭皮からはがれ落ちた古い角質。フケは誰にでも発生するものですが、これが異常に出る場合は、頭皮に何らかのトラブルが起こっている可能性があります。

フケ症の原因は、皮脂を栄養源としている菌、癜風菌(でんぷうきん)の発生が考えられます。この菌が頭皮についていると、頭皮の角質の新陳代謝が早まり、どんどんフケとなってはがれ落ちていくのです。

その他に、脂漏性皮膚炎も考えられます。皮脂の分泌が盛んな人に見られ、その初期症状としてフケが大量に発生します。フケがべっとりしている状態なら、脂漏性皮膚炎を疑った方が良いでしょう。

カサカサしたフケが出る場合は、頭皮の乾燥が考えられます。シャンプーで皮脂を落とした後、適度な保湿効果がないと頭皮の水分はどんどん失われてしまいます。皮脂の分泌量が少ない人は、頭皮用のオイルや化粧水などでバリア機能を補う必要があります。

<かゆみの原因>

頭皮にかゆみが起こる原因は、ほとんどがフケです。フケの原因を突き止め、正しく対処することでかゆみは次第に治まっていくでしょう。ここでは、かゆみを増加させ、フケの発生させる原因となるものをご紹介します。

  • シャンプー時の刺激が強い、力を入れて洗いすぎ
  • シャンプー後のすすぎが十分でない
  • 合成界面活性剤などの添加物に頭皮が反応、かぶれたりする
  • 睡眠、運動不足、生活習慣の乱れ
  • 過度のストレス

頭皮がかゆいと、どうしてもシャンプー時に力を入れてしまいがちですが、これはマイナス効果。刺激の与えすぎは、皮脂を過剰分泌させる元となるからです。

頭皮のかゆみは、なかなか我慢できないもの。仕事や日常生活に支障が出るため、早めの改善を心がけたいものです。

フケ・かゆみの対処法

フケやかゆみを放置しておくと、抜け毛や薄毛の原因となるので注意が必要。これらの症状は頭皮からの警告だと思って、すぐに正しく対処しましょう。

フケやかゆみを改善するには、生活習慣の改善が一番の近道。とくに、頭皮の清潔を保つシャンプー選びと、洗い方には気を配りましょう。皮脂の落としすぎは厳禁なので、適度な洗浄力を持ち、頭皮に優しい製品を選びます。

また、頭がかゆかったり、フケが出ると1日に何度も髪を洗いたくなりますが、これは1日1回を厳守。頭皮の状態が改善へと向かえば、徐々にかゆみも治まってくるはずです。

食生活では、刺激物の摂取に気をつけましょう。チョコレートやコーヒー、アルコールなどは頭皮への刺激となるため、摂取はほどほどに。辛すぎる調味料なども、控えた方が賢明です。

パーマやカラーリングも、頭皮に負担を与える原因。オシャレは大切ですが、健康な髪と頭皮はもっと大切です!頻度を少なくするか、髪型を変えるなどして、なるべく刺激を与えないようにしましょう。