シャンプーの種類を調査

みなさんは、どんな基準でシャンプーを選んでいますか?「香りが好きだから」「ずっと使っているから」「安売りしてたから」などなど、さまざまな理由があるのではないでしょうか。しかし、抜け毛や頭皮トラブルに悩まされているなら、そのシャンプーの選び方を見直すことが大事。なぜなら、頭皮トラブルを引き起こしている原因の大半は、シャンプーにあるからです。 ここでは、まず一般的なシャンプーの種類と特徴の解説、そして、頭皮に良いシャンプーの選び方をご紹介したいと思います。

一般的なシャンプーの種類

《合成高級アルコール系》

お店で見かけるシャンプーのほとんどが高級アルコール系シャンプーであり、最も一般的な製品だと言えます。「高級」というのは質が高いという意味ではなく、含まれている炭素数が多いという意味。炭素数が多ければ多いほど、シャンプーは泡立ちが良くなるんです。また、高級アルコールシャンプーには、植物性油脂などから作られた界面活性剤が入っており、洗浄力が非常に強いのが特徴です。

原料が安く、大量生産できるので値段もリーズナブル。消費者としては手に取りやすい製品なのですが、シャンプーの質はあまり良くありません。洗浄力が強力すぎて、頭皮に必要な皮脂まで根こそぎ洗い流してしまうんです。これを毎日使い続けると、頭皮の乾燥や炎症、皮脂の過剰分泌の原因となり、最終的には抜け毛や薄毛へと繋がります。

《石けん系》

その名の通り、「石けん」を主成分としたシャンプー。人体に優しく、環境にも優しい製品とされています。しかし、洗浄力は高級アルコールシャンプーに匹敵するほど強力。頭皮に必要な皮脂を取りすぎてしまう傾向があります。頭皮への刺激が強いため、炎症がある方や敏感肌の人にはおすすめできません。 また、石けんはアルカリ性なので、シャンプー後の髪の毛がきしんだり、ゴワついてしまうという特徴が。

アルカリ性になってしまった髪や頭皮を中性・弱酸性に戻すため、リンスは欠かせません。すすぎ残しは頭皮への刺激となるため、しっかりとしたすすぎが必要となります。

《アミノ酸系》

アミノ酸シャンプーは、アミノ酸から作られる界面活性剤を使用したシャンプー。原料によって、合成アミノ酸系シャンプーと、天然アミノ酸系シャンプーに分けられます。髪や頭皮と同じ弱酸性で、頭皮への刺激が少ないことが特徴。敏感肌の人や、頭皮が弱い人でも比較的安心して使うことができます。

他のシャンプーに比べて洗浄力は弱め。頭皮に必要な皮脂を取りすぎず、汚れのみを落としてくれるという機能を持っています。頭皮や髪に対して非常に良い製品ですが、原価や製造コストが高いため、高価であることがデメリット。また、アミノ酸系シャンプーを謳っていても、中には高級アルコールシャンプーと同じ成分を配合しているものもあるので、選ぶときは注意が必要です。

頭皮ケア向きのシャンプーとは

頭皮にトラブルを抱えている場合、頭皮は外部からの刺激にとても弱くなっているもの。皮脂の分泌や、バリア機能も正常でないことが多いです。ですから、シャンプーを選ぶときは、第一に「刺激の少ないもの」、そして「頭皮に良い成分を配合したもの」を選ぶことが大切です。頭皮が脂っぽいから・・・という理由だけで洗浄力の強い製品を選ぶと、皮脂を落としすぎてしまい、逆に皮脂が過剰分泌されるようになります。

正常な頭皮をキープするには、ある程度の皮脂を残すことが必要なんです。 シャンプーは、「汚れが落ちればいい」というものではありません。頭皮の環境を整え、健康な髪を取り戻したいなら、まずは正しいシャンプー選びから!ですよ。