頭髪のためのシャンプー術

清潔な頭皮を保つために、毎日のシャンプーは欠かせません。ただし、間違った方法だと逆効果。ここで頭髪のための正しいシャンプー方法を紹介しています。

正しいシャンプー法を覚えよう

毛髪の汚れだけならお湯で落ちてしまうのですが、頭皮の汚れはとても頑固。頭皮にたまった皮脂や汚れは、きちんとシャンプーしないと落とせないものです。ただし、シャンプーの方法を間違ってしまうと頭皮を傷つけたり、皮脂を落としすぎる可能性アリ。正しいシャンプー方法をきちんと覚えて、毎日のケアに努めましょう。

  1.  まずはブラッシングいきなりシャンプーをするのではなく、乾いた髪をブラッシングすることから始めます。
    力を入れすぎず、あくまでソフトに行なうのがポイント。頭皮や毛髪についた皮脂や汚れが浮きあがり、汚れを落としやすくなります。
  2.  予備洗い頭皮ケアの効果を高めるには、毛穴をしっかり開いた状態にすることが大事。
    まずは、髪と頭皮をお湯で洗います。このとき、お湯の温度は38度前後のぬるま湯がベスト。お湯が熱いと皮脂を取りすぎてしまい、頭皮に悪影響を与えます。ちなみに、この予備洗いの段階で、髪についた汚れのほとんどは落ちてしまうんですよ。
  3.  シャンプーをつけてもみ洗いシャンプー剤を使って、頭皮や髪を洗っていきます。
    ここで注意したいのは、シャンプー剤は直接髪につけるのではなく、手の平で軽く泡立ててから使うこと。直接つけると泡立てるまでに時間がかかり、髪や頭皮に刺激を与えてしまうからです。 洗うときは、指の腹を使って、頭皮を揉むように優しく洗いましょう。揉み洗いすることで毛穴に詰まった汚れが浮き出し、キレイに洗浄することができます。痒いところがあっても、決して爪を立ててはいけませんよ!
  4. すすぎは十分に、時間をかけてぬるま湯を使って、シャンプー剤をしっかりすすぎ落とします。
    すすぎが不十分だとシャンプー剤が残留し、フケやかゆみの原因となってしまいます。すすぎの時間は、シャンプーの倍の時間をかけるつもりで!また、リンスは必ずしなければいけないものではありません。つける場合は、頭皮につけないよう気をつけてください。
  5. タオルで水分を取るシャンプー後は、乾いたタオルで水分を拭き取ります。
    ここでしっかり水分を拭き取っておくと、ドライヤーを使用する時間を短くでき、髪や頭皮へのダメージが減らせます。タオルドライをするときは、まず頭皮から拭き始めます。ゴシゴシとこすらず、指の腹で優しくマッサージするように行うのがポイント。髪は、タオルで挟んで上からポンポンと叩き、タオルに水分を吸い取らせます。

 

正しいドライヤーの使い方

「ドライヤーを使わず、自然乾燥させた方が髪によい」と思っている人がいますが、これは大きな間違いです。濡れた状態で髪を放置しておくと、水分が蒸発して頭皮の温度が低下。血行が悪くなり、毛根に栄養が行き渡らなくなってしまうんです。これを防ぐためにも、ドライヤーを使って短時間で乾かすことをおすすめします。

まず、ドライヤーは髪から20~30センチほど離し、風量を強にして乾かし始めます。このとき、髪の根元から乾かすようにしましょう。根元が乾いたら、毛先へ向かって乾かします。

ドライヤーの風が一部分に集中しないよう、手をこまかく振るように動かすと◎。髪は熱に弱いため、熱風を当てすぎるとすぐに傷んでしまうからです。また、ブラシは使わないこと。キューティクルや頭皮を傷める原因となります。

頭皮のために気をつけたいこと

まず、シャンプーをする回数ですが、これはオイリータイプの人でも1日1回でOK。洗いすぎると、頭皮に必要な皮脂がなくなってしまうので、気をつけてください。

頭皮が乾燥している人は、冬場であれば2日に1回くらいでも構いません。 また、パーマやカラーリングを繰り返している人は、頭皮へのダメージが知らず知らずのうちに蓄積しているもの。今は何ともなくても、将来的には抜け毛や薄毛に悩まされる可能性があります。パーマやカラーリングをするなら、美容院でプロに施術してもらうのがベスト。

市販のパーマ剤などは刺激が強く、頭皮保護もできないため注意が必要です。 頭皮の状態を改善したいなら、頭皮に悪いことをまず取り除くことが先決。髪や頭皮のためにできることを、しっかり考えてみましょう。