抜け毛を防ぐ頭皮マッサージ

頭皮の血行を促進させることで抜け毛予防するためには、頭皮の決行を促進させることが大切。ここではマッサージの効果や正しい方法をまとめました。

頭皮マッサージの効果

固くなった頭皮をほぐし、血行を促進させる効果のある頭皮マッサージ。薄毛や抜け毛の原因である血行不良を解消し、血液から毛細胞へきちんと栄養が届くようにするのが目的です。頭皮の血行が良くなると、薄毛や抜け毛の防止だけでなく、健康で美しい髪をキープしたり、お肌のリフトアップにも効果があります。 頭皮マッサージに特別な道具はいらないため、すぐに実行できるのがメリット。しかし、頭皮がすでにこわばっている人は、なかなか頭皮を揉みほぐすことができません。粘り強くじっくりマッサージを続け、頭皮の柔軟性を取り戻すことが大切です。また、正しいマッサージ法は頭皮に好影響ですが、間違った方法だとトラブルは悪化するばかり。きちんと正しい方法を覚えて、毎日のマッサージに励みましょう!

正しい頭皮マッサージの方法

  1. マッサージはシャンプー中にに行う 頭皮マッサージは、シャンプーをしているときに行うのがおすすめ。入浴時は身体が温まって頭皮がほぐれているため、マッサージに最適です。シャンプーが終わってすすぐ前に、両手の指で額の生え際から耳の後ろをグッと刺激し、そのまま頭頂部、後頭部へと指を動かします。これをゆっくりと2回ほど行います。刺激の強さは、「気持ちがいいな」と思うくらいでOKです。
  2. 頭皮を傷つけないよう、丁寧に
    頭皮マッサージは指の腹を使って行います。爪を立てるのは絶対厳禁。刺激が強すぎると頭皮に傷がついたり、雑菌が入ったり、皮脂が過剰分泌されることも・・・。フケやかゆみを引き起こし、頭皮トラブルを悪化させる原因ともなるので、十分に気をつけましょう。
    さて、髪が薄くなっている部分はマッサージしにくいと思いますが、これは直接マッサージしなくてもOK。気になる部分の周囲を、指で押し上げるようにマッサージしましょう。マッサージの時間は、長くても5分程度に抑えます。長くやればいいというものではないので、ほどほどにしましょうね。
  3. 頭皮によいシャンプーを選んで
    頭皮マッサージをするのはシャンプー中がベストですが、そのとき使うシャンプーは頭皮に優しいものを選びます。血行を促進させる成分や、保湿成分などが含まれたものを使用すると、頭皮マッサージの効果が倍増します。

気をつけたいのは、市販されている一般的なシャンプーを使ってのマッサージ。一般的なシャンプーは髪や頭皮への刺激が強すぎるため、マッサージには向かないのです。頭皮に刺激となる成分をすり込むと、トラブルが改善するどころか悪化する可能性もあるので注意しましょう。

リンパや血行を促進するツボ

頭皮マッサージを行うときは、首や頭にある血行を促進するツボを刺激すると効果的。ツボを押すと血行が良くなるだけでなく、リンパの流れも促すことができます。頭皮の血行が良くなるということは、栄養分が毛根のすみずみにまで届くということ。頭皮改善にはおすすめです。

また、ツボは頭皮だけでなく、首のツボも刺激してあげると◎。首の血流を促進すれば、頭皮の血行はより改善されますよ。

<頭皮にあるツボ>

  • 「百会(ひゃくえ)」:両耳の先を結んだ線と、身体の中心線が交わるところ。
  • 「玉沈(ぎょくちん)」:後頭部の出っ張りから、左右に指2本分程度離れたところ。
  • 「あ門」:うなじの真ん中に指を当て、生え際から指2本分ほど髪の毛側にアリ。

<首にあるツボ>

  • 「天柱(てんちゅう)」:首の後ろ側にある2本の太い筋肉の外側の上側、その左右外側にあるくぼみ。頭痛解消の効果もアリ。
  • 「風池(ふうち)」:髪の生え際にアリ。耳の後ろにある骨の出っ張りと、首中央のくぼみを繋いだラインの中央。

ツボを押すのは、1回につき3秒ほど。3回ほど繰り返して行います。強く押しすぎたり、何度も押すと頭皮に負担をかけるため、やりすぎに注意しましょう。